事業の目的と運営方針

 要介護、要支援状態にある方に対し、適正な居宅介護支援・介護予防支援
サービスを提供することにより、要介護、要支援状態の維持、改善を目的とし、
目標を設定して計画にサービスを提供します。
 また、関係市町村、地域の保険・医療・福祉サヘビスと連携を図り、総合的な
サービスの提供に努め、居宅介護支援の提供にあたっては、利用者の意思 及び
人格を尊重し、公正中立に行います。

業務内容

(1)居宅サービス計画の作成
(2)居宅サービス事業者との連絡・調整
(3)サービス実施状況の評価
(4)利用者の状態を把握
(5)給付管理
 (6) 要介護、要支援認定申請に対する協力・援助
 (7) 相談業務

ご利用までの流れ

1.認定の申請をします。

 サービスの利用を希望される場合は、市町村の介護保険担当窓口に認定の申請をします。
 申請は、本人または家族のほか、成年後見人、地域包括支援センター、または法令で定め
 られた居宅介護支援事業者やみゆき苑等に相談し、代行してもらうこともできます。
 

2.調査と審査が行われます。

●訪問調査 心身の状況を調査、本人と家族などから聞き取りをします。
●主治医の意見書 医師から介護を必要とする原因疾患などについての記載
●審査判定 姶良・伊佐地区介護保険組合で審査判定します。
 

3.認定結果通知

要介護1~5 介護保険のサービスによって、生活機能の維持・改善を図ることが適切な人
要支援1~2 介護保険の対象者で、要介護状態が軽く、生活機能が改善する可能性の高い人
非該当    生活機能が低下し、将来的に要支援などへ移行する危険性がある人で、特定高
       齢者の候補者となります。介護保険は利用出来ません。
 

4.ケアプランの作成など

要介護1~5 :居宅介護支援事業所にて、具体的なサービス内容を盛り込んだ
        ケアプランを作成し、介護サービス(介護給付)を利用します。
要支援1~2 :地域包括支援センターが中心となって、介護予防ケアプランを
        作成し、住み慣れた地域で自立した生活を続けていけるように
        介護予防サービス(予防給付)を利用します。
非該当    :介護が必要とならない為に、65歳以上の人を対象に、市が実
        施する介護予防事業(地域支援事業)を「一般高齢者」と「特
        定高齢者」に分かれて利用できます。
デジタルカタログ

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人豊生会
〒899-5112
鹿児島県霧島市隼人町松永895番地3
TEL:0995-43-8111
FAX:0995-43-1621

-------------------------------
 1.特別養護老人ホーム
 2.小規模特別養護老人ホーム
 3.ケアハウス(経費老人ホーム)
 4.訪問介護事業所
 5.通所介護事業所
 6.居宅介護支援事業所
 7.グループホーム
 8.ショートステイ
 9.小規模デイサービス
10.給食宅配サービス
11.児童クラブ
12.住宅型有料老人ホーム「松永苑」
13.住宅型有料老人ホーム「東郷の里」
 
-------------------------------
0
5
5
7
7
0